古屋歯科医院・診療案内

診療内容

インプラント

1.なぜインプラント治療をすると良いのでしょうか?

インプラント治療とは

2.特に治療効果が高いのはどの様なケースなのでしょうか?

虫歯や歯周病によって歯を失った場合の治療は、従来の治療方法では義歯かブリッジによって補綴治療します。
30年前までは、この方法しかなかったからです。
現在インプラント治療は、欠損部を補う先進医療として確立されました。

歯の欠損補綴治療:インプラント・ブリッジ・入れ歯

入れ歯義歯では、異物感 取り扱いの不自由さ 精神的なストレス 周囲の歯のカリエス 噛み過ぎや材質の劣化による破折などがあります。
義歯の取替えの時期は、4年前後という臨床統計が出ています。

健康な周囲の歯を大きく削るブリッジでは、健康な周囲の歯を大きく削らなくてはなりません。
健康な歯が、とても痛々しいですね。
欠損部にインプラントを使用することで、負担のないバランスの取れた歯並びを長く維持できます。

欠損部をブリッジにして連結したもの1欠損部をブリッジにして連結したもの2欠損部をブリッジにして連結したもの3破折した歯根を抜歯

上の写真は、欠損部をブリッジにして連結したものですが、1歯1歯の歯根の大きさや力の加わる方向が違うので捻られるようにして根元から破折してしまいます。
破折した歯根は抜歯します、抜歯後はさらに大きな欠損部が出来てしまいます。
大きな欠損を審美的かつ、しっかりとした咀嚼機能を回復するには治療期間や治療費が大きな負担となります。
欠損部にインプラントがあれば、破折は起きなかったでしょう。

理想的なインプラントの利用方法は!

不幸にも抜歯が必要となったら、抜いたまま長い間そのままにしないで、骨が吸収して無くなってしまう前に 必要最小限でインプラントを利用することが良いと思います。
1歯欠損のインプラント手術の利点は、外科的浸襲(傷口)が少なく専門医と一般歯科医との技術的な差があまり出ないことです。ぜひ、近くの先生に相談してみてください。

欠損数が多くなると、その先生の技術によって、植立間隔、方向角度などまちまちになり手術時間や、審美的回復にも大きな差が出てきます。
また、歯周病はインプラントに大きな影響を与えますあらかじめ治しておきましょう。
多くの方にインプラント治療を知っていただき健康で丈夫な体作りのために良い噛みあわせでおいしく食事を味わっていただきたいと思います。

審美歯科

歯を白くする「ティースホワイトニング法」

ウオ−キングティースホワイトニング法治療前・治療後ウオ−キングティースホワイトニング法
歯の神経をとったことによる変色歯に 応用する治療法です。

ホームティ−スホワイトニング法治療前・治療後ホームティ−スホワイトニング法
特に加齢にともなう黄ばみなどには、 非常に効果を発揮します。 家庭でできる治療法です。

レーザーティ−スホワイトニング法治療前・治療後レーザーティ−スホワイトニング法
抗生物質による変色歯など難しい症例にも、 応用できる治療法です。 歯の表面に薬を塗りレーザーを当てます。 治療は週1回を原則として、4週間かかります。

自然な白さのセラミックを使用した歯冠修復法

セラミッククラウン法セラミッククラウン法
歯全体を削った上に、セラミックのクラウンを被せる方法です。 歯の色や、形を自由に整えることが出来ます。 一般 的には内面を金属で作るセラミッククラウン法です。色調、歯の自然な透明感を出せるのはオールセラミッククラウン法です。


ラミネートベニア法ラミネートベニア法
歯の表面のみを薄く削り、ポーセレンセラミックを張り付ける治療法です。

ハイブリッドセラミック法(エステニア)治療前・治療後ハイブリッドセラミック法(エステニア)
虫歯の処置に使用される金属の詰め物にかわって、ハイブリッドのセラミックの詰め物をします。自然の歯と同じ美しさと、金属と同じ硬さを保ちます。

一般歯科( 虫歯治療 歯周病 顎関節治療など )

虫歯治療

虫歯が出来始めても見て見ぬ振りのままで後から後悔した経験はありませんか?
虫歯は一度進行してしまうと二度と再生することはありません。 歯が無くなってから後悔しないためにも早期発見・早期治療をお奨めします。

歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病(歯槽膿漏)は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、口臭の原因となる病気で、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因でもあります。症状が悪化してしまうと、費用や治療期間などの負担が大きくなるうえに、元通りの綺麗な状態に治す事は困難です。
正しい歯の磨き方や食生活、定期的な歯のクリーニング(PMTC)やホワイトニングなどで予防を行い、健康で美しい歯を維持する事をお薦めします。

顎関節治療

口が大きく開かない、顎が鳴る・痛むなどでお悩みの方は、顎関節症(がくかんせつしょう)の疑いがあります。思い当たる方は、検査や治療法についてご説明しますので、まずはご相談下さい。